身近なことから始める 地球に優しいエコライフ

アルミ缶、スチール缶、ペットボトル、トレイ、紙、ガラス瓶といった資源ごみをリサイクルすることはエコ対策です。

身近なことから始める 地球に優しいエコライフ

資源ごみをリサイクルすることは重要なエコ対策

日常生活の中では捨てるごみがたくさん発生するものです。家庭からも色々な種類のごみが発生します。これらはごみとして廃棄すると、廃棄処理場で焼却したり埋め立てるなどの処理が必要になります。ごみの廃棄処理では二酸化炭素が大量に排出されたり、環境を汚染する原因となりため、環境のために良くありません。これらは地球温暖化の原因になるので、ごみに関してエコ対策を行う必要があるのです。中でも資源ごみはリサイクル回収して再生されています。

資源ごみというのは、アルミ缶、スチール缶、ペットボトル、トレイ、紙、ガラス瓶にあたります。これらは分別して各自治体の指定した場所に回収させなければなりません。回収された資源ごみは再生工場で新しい製品に生まれ変わらせています。ごみとして廃棄処理されればこれで役目も終わりですが、再生されることで資源を有効に使いごみを減らすエコ効果があるのです。私達はこれらをきちんと分別して、正しい方法でリサイクル回収に出さなければならないのです。

資源ごみには、回収方法のマークが表示されていますので、何の資源ごみかは容易に分かるようになっています。このマークの通りに分別してリサイクル回収に出します。回収場所は各自治体の指定のステーションのほか、スーパーなどにも回収ボックスが設けてあることが多いのでリサイクルしやすいと思います。リサイクルの際はきれいな状態にして出すことが大切で、間違った方法で出したり汚れていたりするとエコ対策に貢献できないので注意が必要です。


Copyright(c) 2017 身近なことから始める 地球に優しいエコライフ All Rights Reserved.