身近なことから始める 地球に優しいエコライフ

月に2回、自治会が資源ごみの回収をしていますが、スーパーの回収ボックスを利用してエコに貢献しているつもりです。

身近なことから始める 地球に優しいエコライフ

資源ごみの回収ボックスでエコに貢献

私の地域の自治会は、加入している人が少ないそうです。若い夫婦の世帯は、近所付き合いを避ける傾向があるためかもしれません。自治体に加入している世帯は、私達夫婦の親世代に当たる人達が多く、高齢化しています。私達自身、引っ越してきてから自治体の勧誘はあったものの、加入はしませんでした。特に何か大きな仕事があるわけではありません。回覧板の回覧と、月に2回の資源ごみの当番が年に何度か回ってくるだけのことです。それだけのことならば、近所付き合いの一環として、加入しても良いかとは思いました。しかし、ほとんどの家庭は加入していないと知り、敢えて加入する必要もないと判断したのです。

自治会によっては、資源ごみを出せるのは自治会員のみと定めているところもあるようです。それもまた、当然といえば当然のことかもしれません。自治会に加入していない人は、当番が回ってくることはなく、ただゴミだけを捨てるというのでは、折角自治会に入って頑張っている人も、不公平に感じてしまうでしょう。しかし、私達の住む地域の自治会では、そのような決まりは作っていないということでした。自治会に加入はしなくても、やはりエコを考える以上は資源ごみは資源回収に出したいという人はいるはずで、その気持ちはむしろ尊重すべき、という判断だそうです。ありがたいことですが、自治会に加入していない身としては、やはり資源ごみ収集にゴミを出すのは気が引けてしまいます。幸い、最近では資源ごみの回収ボックスを設置するスーパーが増えてきました。我が家では、その回収ボックスを利用することで、エコに貢献しているつもりになっています。

おすすめサイト一覧



Copyright(c) 2017 身近なことから始める 地球に優しいエコライフ All Rights Reserved.