身近なことから始める 地球に優しいエコライフ

私がエコのためにやっている資源ごみの分別はいっぱいあります。最近では家だけでなく外でも見られます。

身近なことから始める 地球に優しいエコライフ

私がエコのためにやっている資源ごみの分別

今はすごくエコのためにゴミも分別するようになったなって思います。燃えるゴミと燃やせないごみだけしかわかれていないものが、空き缶と空き瓶が分けられるようになって新聞紙も回収に来るようになってきました。外でも回収がありますよと呼びかけてくれるので自然と私たちもその日にゴミを出すようになりました。こうやってどんどん資源ごみというものができてきて各家庭でもゴミを分別するようになってきたのです。素晴らしいことだなって思いました。

自分の家庭以外でも、外でも分別しているのを見かけます。コンビニなどのお店や野球観戦に行った時の球場などでも分別をしていところもあるのです。自動販売機の近くにも必ずゴミ箱があるので自然と空き缶の場所に入れたり、ペットボトルの場所に入れるようになりました。わかりやすいようにラベルが貼ってあるのでその通りに分別をしようと思うのです。そうやってゴミ箱に捨てるのにもわかりやすく表示しています。家でも外でも分別するようになりました。

最近では学校の給食の牛乳パックでも資源ごみとして出されています。牛乳パックを子供たちがハサミで広げてそれをクラスで集めて回収するようにしているのです。こういう取り組みがあるのは素晴らしいことだと思いました。学校でも公共の場でも家庭でもそうやって資源ごみの回収ができるようになっているのでエコのためになっていると思いました。またゴミを少なくするために無駄のないような生活を送りたいです。


Copyright(c) 2017 身近なことから始める 地球に優しいエコライフ All Rights Reserved.